【スプラトゥーン2】たった2か月で撃ち合いが強くなる方法

ウデマエアップ論
Advertisements
B帯~S+のプレイ動画をウデマエXが添削実況!
ガチマッチのキョウカショYoutubeチャンネルでは 読者のプレイをヘンシュウチョウが実況しながら解説! 観るだけでウデマエアップ間違いなし!

2か月間徹底して練習すれば必ず撃ち合いが強くなれます!

ヘンシュウチョウ
ヘンシュウチョウ

どうもみなさんこんにちは!撃ち合いの練習をし続けてウデマエが上がったヘンシュウチョウ(@gachimatchX)です!

私ヘンシュウチョウは以前こんな記事を書きました

【スプラトゥーン2】1つのことを集中して練習するとウデマエが上がるという話

ここでは何か1つのことを集中して長時間練習することにより、技術が自動化されて身についていくということが説明されています

 

しかし、何かを練習するにしても実際にどうすればいいのかって意外とわからないですよね?

そこで今回はもっとも需要がありそうな「撃ち合いの強さ」を、たった2か月で身に着けるための方法を解説します

 

ガチマッチにおいてもっとも重要なテクニックのひとつである撃ち合いを、2か月間徹底的に練習して、確実にレベルアップを図っていきましょう!

 

Advertisements

 

STEP① 索敵の習得(1か月間)

撃ち合いに強くなるためにまず必要なのは、実は撃ち合い能力ではありません

それは表題にもある通り「索敵能力」です

 

相手と撃ち合うには相手を見つけないと話になりません

また相手の位置を見逃して不意打ちを受けているようでは、撃ち合いをさせてもらうこともできません

 

とにもかくにも索敵が重要なのです

十分な索敵が出来ていない状態では、撃ち合いの強さ云々の土俵にも立てていないのです

 

最初の2週間から1か月はまず「絶対に相手の位置を見逃すか!」という意気込みで、毎試合ガチマッチに潜ってください

これは意外と地味で、かなり辛い練習だと思います

しかし、この索敵はガチマッチにおいて超重要な立ち回りの基盤にもなりえるので、まずはトコトン索敵を習得することに心血を注ぐようにしましょう!

(下に続く)

 

Advertisements

 

STEP①(裏)スプラ起動後15分の試し打ち(2か月通して)

試合中にはひたすら索敵の練習をしてほしいのですが、試合に潜る前に15分間の試し打ちを必ず行いましょう

これは当然のごとくエイムを鍛えるために行うのですが、効果はただそれだけではありません

素早くバルーンを壊していくことによって、キャラクターの操作スピードも鍛えられるのです

 

初めはバルーンを1つ壊して次の的へ…という具合で試し打ちをしてほしいのですが、慣れてきたら数発当てたら次の的へ…という風に変えていってみてください

バルーンを壊しきる前に次のバルーンにエイムを移行させることにより、照準の移動スピードと正確性が問われるようになってきます

 

そして最終目標がバルーンに1発ずつ弾を当てながら、100発100中でバルーンを射止め続けることです

もしあなたがこのレベルにまで到達できたのであれば、十分なエイムが必ず身についていることでしょう

(下に続く)

 

Advertisements

 

STEP② 相手のブキを見極める練習(2週間)

十分な索敵が身についたら、次は相手の持っているブキが何なのかを見極める必要があります

スプラトゥーンはブキの相性で撃ち合いの勝敗が決まってしまう事が非常に多く、相手のブキ種を見極めることは撃ち合いに勝つために必須と言えます

 

相手のブキを見極めることができたのであれば、そのブキにどう対面すれば撃ち合いに勝つことができるのかを考えることが重要です

  • 相手を見つける
  • 相手のブキを見極める
  • どうやって倒せるかを考える
  • 対面を仕掛ける

この一連の流れをひたすら2週間程度練習してください

自分の使っているブキが相手のブキ種に対してどうやって対面すれば勝てるのか、という経験値を年輪のように積み重ねることによって、あなたの撃ち合いの強さは着実に向上していくでしょう

(下に続く)

 

Advertisements

 

STEP③ 1人倒した後に倒されない練習(2週間)

最後は1人だけでなく2人以上を連続して倒すための練習です

相手のブキに対してどのように撃ち合いを仕掛ければ勝てるのかがわかってきたら、その相手を倒した後に自分が生き残れるかどうかを意識するようにしてください

 

ガチマッチの撃ち合いの強さは相手を連続して倒すという要素を含んでおり、これはガチマッチで勝つために非常に重要な要素です

相手を連続で倒すことができれば、カウントを奪うことができる大チャンスを作ることができるからですね

 

相手に撃ち合いを仕掛ける際に「この相手を倒した後に自分は生き残れるか?」を考えてください

もし1人は倒せるが、近くにいる相手にカバーされて倒されてしまうようであれば、1人目を倒しに行くのをやめるようにしてください

 

生き残り続けることによって自分が相手を倒せるチャンスが何度もめぐってくるので、結果的に相手を倒す回数が多くなるのです

(下に続く)

 

Advertisements

 

練習方法は以上ですが…正直言ってハードです

これらの練習は2か月で終了するものですが、2か月という短期間で習得しようと思うと1日5時間以上は練習しないといけないと思います

学校や仕事の都合で5時間が取れない日もあるでしょう。どちらかと言えば5時間取れない日のほうが多いかもしれません

 

しかしこの手順に従ってコツコツ練習を進めていけば、2か月とは言わずともいつか必ず撃ち合いが強くなれることでしょう

「よし!撃ち合いを強化するぞ!」と思い立ったそこのあなた!明日からではなく今すぐに!スプラを起動して15分の試し打ちから始めてみましょう!

コメント