【スプラトゥーン2】カモン!でガチアサリをゴール下に呼ぶ立ち回りが危険と言える3つの理由

ウデマエアップ論
Advertisements
B帯~S+のプレイ動画をウデマエXが添削実況!
ガチマッチのキョウカショYoutubeチャンネルでは 読者のプレイをヘンシュウチョウが実況しながら解説! 観るだけでウデマエアップ間違いなし!

ガチマッチのカモン!は結構危険です

ヘンシュウチョウ
ヘンシュウチョウ

どうもみなさんこんにちは!ガチアサリで連携が決まると超キモチイイヘンシュウチョウ(@gachimatchX)です!

相手陣地にあるゴールにガチアサリを入れることによってカウントを進めることができるガチアサリ。

アサリを10個集めないとガチアサリが出来ないことや、味方の位置がバラバラになりやすいルールのため、味方との連携が非常に重要となるルールです

 

そんなガチアサリでよく使われるテクニックが「相手陣地のゴール下にいる味方にガチアサリを持ってジャンプする」というものです

ガチホコバトルとは違い、オブジェクトであるガチアサリを持ったままスーパージャンプすることができるので、そのままゴールにガチアサリを入れることができます

 

そしてよくガチマッチで使われるのが、ゴール下で潜伏しながら味方のガチアサリをカモン!で呼ぶという立ち回り。

この立ち回りはタイミングが合えば非常に強力なのですが、その反面危険な一面も持ち合わせています

 

今回はこの「ゴール下で潜伏しながらカモン!でガチアサリを呼ぶ立ち回り」になぜ危険な側面があるのかを徹底解説!

周囲をよく見ずにとりあえずカモン!を押してしまっていた人は、これを読んで立ち回りを改善していってくださいね!

 

Advertisements

 

危険な側面① 味方が人数不利になりやすくなる

自分がゴール下でカモン!を押しているということは、味方は3人で相手と戦っていることになります

もしそこに相手が4人いたのであれば、味方は3人で4人の相手をしなければなりません

 

そうなると味方が倒されてしまう危険性が非常に高くなってしまい、味方がやられてしまうことが多くなります

そうでなくとも自分が相手と戦っていない時点で味方依存の部分が大きくなってしまうので、ガチマッチにはあまり向いていない立ち回りと言えるでしょう

(下に続く)

 

Advertisements

 

危険な側面② 味方がガチアサリをすぐに用意できないことがある

自分がカモン!を押しているときに、味方3人がまだガチアサリを作れていないのであれば、ゴール下でガチアサリを呼ぶことはかなり危険な行動です

味方が相手と交戦中でガチアサリを作るどころではないことが多く、ただただ自分の時間を無駄遣いしてしまうことになります

 

逆に味方がカモン!を押しているときに「ちょっとそれどころじゃないよ!」と思ったことはありませんか?

ガチマッチは通話することができないので、味方が何をしているかがわかりにくいです

味方の状況が不透明な時は、ゴール下でカモン!を押してガチアサリを呼ぼうとするのはやめておきましょう

(下に続く)

 

Advertisements

 

危険な側面③ 味方がカモン!の意味を知らないことがある

先ほども解説したように、ガチマッチでは通話ができないので味方同士の意思の疎通がやりにくいです

自分がゴール下でカモン!を押していた時に、味方がその意味を分かってくれる保障はどこにもありません

 

ウデマエ帯が低いほど、カモン!の意味を理解してくれない可能性は上がるでしょう

味方が自分の立ち回りの意図をわかってくれなければ、このカモン!は全くの無意味となってしまい、ピンチ状況を作り出すこととなってしまいますよ

コメント

  1. […] 参考リンク ➡ 【スプラトゥーン2】カモン!でガチアサリをゴール下に呼ぶ立ち回りが危… […]