【スプラトゥーン2】ルールやステージによってデスの重みが違うという話

ウデマエアップ論
Advertisements
B帯~S+のプレイ動画をウデマエXが添削実況!
ガチマッチのキョウカショYoutubeチャンネルでは 読者のプレイをヘンシュウチョウが実況しながら解説! 観るだけでウデマエアップ間違いなし!

ルールによって相手に倒される重みが違います

ヘンシュウチョウ
ヘンシュウチョウ

どうもみなさんこんにちは!サブのプロコンもおかしな動きをし始めたヘンシュウチョウ(@gachimatchX)です!

ガチマッチにおいて相手に倒されてしまうことは、ピンチを招いてしまうことが多いので基本的に避けていきたいところです

しかしこの相手に倒される、いわゆる「デス」ですが、ガチマッチの4ルールやステージによって重みが違うことはご存知ですか?

 

今回はなぜガチマッチのルールやステージによってデスの重さが異なるのかを解説します

「今までデスの重さなんて考えたことがなかった!」という人は、この記事を読んで新しい知識を入れていこう!

 

Advertisements

 

ルールによるデスの重さはカウントの進み方で変わる!

ガチマッチにはガチホコバトル、ガチエリア、ガチヤグラ、ガチアサリと4つのルールがあります

この中で最もデスが重いルールがガチホコバトル、最もデスが軽いルールがガチヤグラとなります

 

このデスの重さの違いはカウントの進み方の違いから来ます

ガチホコバトルは相手に倒されてしまったら一気にカウントが進む可能性があり、よりデスの危険性が高いです

逆にガチヤグラはカウントの進み方がゆっくりなので、一度倒されただけでは一気にカウントを進められることはありません

 

このように、相手に倒されたときに相手チームにどの程度カウントを奪われる危険性があるかによって、デスの重みに違いが出てくるのです

(下に続く)

 

Advertisements

 

ルールによるデスの重さの違いを見極めた立ち回り

先ほど解説したもっともデスが重いルールであるガチホコバトルですが、自分が倒されたらカウントを一気に進められてしまう場面では絶対に倒されてはいけません

自分が味方チームの命運を握っている場面が訪れることがあるので、注意して立ち回るようにしましょう

 

デスが軽いルールであるガチヤグラにおいて、相手陣地までヤグラを運んだ際は、少し無理をしてでもスーパージャンプをしても問題ありません

ヤグラが中央に戻るまでに時間がかかるので、1回倒されようと痛くないからです

逆にスーパージャンプから生き残り、相手を倒すことができたときは大チャンスが到来するので、思い切ってジャンプしてみるといいですよ!

(下に続く)

 

Advertisements

 

ステージによるデスの重さはステージの広さで変わる!

どのルールかにもよりますが、基本的に広いステージのほうがデスが重いです

その理由は一度倒されてしまうと、中央に到達するまでに時間がかかってしまい相手にカウントを進められやすいからです

 

タチウオパーキングのガチアサリが非常にわかりやすくデスが重く、一度倒されたら自陣ゴール下にも簡単に戻ることができないので、相手に大きくカウントを進められてしまいます

このようにステージの中央やオブジェクトまでの距離によってデスの重みが変わってくるので、立ち回りを意識して変えてみるのもいいですよ!

コメント