強化されたソイチューバーがまだ断トツに弱いと言える理由【3/11アップデート】

ブキ解説
Advertisements
B帯~S+のプレイ動画をウデマエXが添削実況!
ガチマッチのキョウカショYoutubeチャンネルでは 読者のプレイをヘンシュウチョウが実況しながら解説! 観るだけでウデマエアップ間違いなし!

幾度となく強化されたソイチューバーの今。

あなたがもし「スプラトゥーン2で最弱のブキは?」と聞かれたら、なんと答えるだろうか。私ヘンシュウチョウなら食い気味に「ソイチューバー」と答えるが、そう答える人が多いのではないだろうか

そんなソイチューバーだが、あまりにも弱すぎるせいか過去に何度もアップデートで強化されてきた。そして2019年3月11日のアップデートにてさらに強化が入り、そろそろブキの真価が問われる頃だろう

そして今回、強化されたソイチューバーを持ってガチマッチを何試合かこなしてみた感想をお伝えしようと思う。はたしてソイチューバーはどう変わったのか?ぜひご覧いただきたい

 

Advertisements

 

今回の強化の内容は?

さて、今回の強化内容は以下の通りだ

  • チャージキープをした状態でイカ潜伏から飛び出すアニメーションを、ZLボタンでキャンセルし、すぐイカ化できるようにしました。

ぱっと見た感じだと何が何だかわからないが、チャージキープしているときにヒト状態になると構えるまでの隙ができてしまうが、ソイチューバーに限ってはその間にイカ状態に戻れるということだ

「イカ化」という言い回しも気になるところだが、取り急ぎこの強化によってできるようになることを解説する

 

Advertisements

 

今回の強化によって素早くチャージキープを繋げられるようになった

ソイチューバーのチャージキープ維持時間は、全ブキで最長の5秒となっている。この5秒を迎える前に一度ヒト状態に戻りブキを構えることで、再び5秒の間チャージキープを行うことができる

強化前は再びチャージキープ状態になるために、ブキを構えるという大きな隙を見せなければならなかった。しかし今回の強化によってブキを構えるモーションに入って直ぐに「イカ化」することができるようになり、チャージキープを継続するための隙が減ったのだ

しかしこの強化、果たして強いと言えるのだろうか…?次の項目で解説しよう

 

Advertisements

 

結論 → 全く強化になっていない

まず大前提となるのが「長時間のチャージキープはクソ弱い」ということだ。他の記事でも記載したが、念のためおさらいすると

  • 塗れない
  • インクが回復しない
  • 光るので位置がバレる
  • サブウェポンが使えない
  • スペシャルウェポンが使えない

ざっとこれくらいは思いつく。短時間のチャージキープは便利だが、長時間のチャージキープにはこんなにもデメリットがあるのだ

そして今回の強化に関しては、このクソ弱い時間をさらにお気軽に延長できるといった強化といえる。この強化が果たして強化と言えるのか?この疑念を拭い去ることは誰にもできないだろう

 

Advertisements

 

こんな感じに強化してくれたら強くなるのでは?

▲ジェットパックで相手を倒した画像を張ってお茶を濁しておく

ではどうすればソイチューバーは日の目を見るのだろうか。個人的な強化案を考えてみた

案1「チャージキープ中の姿が見えなくなる」

もしチャージキープ中に自分の姿を完全に消せたなら、チャージキープすることに大きなメリットが生じる。相手との距離を詰めやすくなり、落ち着いて相手に攻撃を繰り出せるだろう

案2「チャージキープ中はパブロのように塗り進むことができる」

長時間のチャージキープをくりだしまくっていると、全く塗ることができずに相手に塗り負けてしまう。チャージキープで進むことができる場所もどんどん少なくなり、悪循環に陥ってしまうだろう

もしチャージキープ中に味方インクだけではなく相手インクも移動することができたのであれば、グッと立ち回りの幅が広がるに違いない。そう、ステージをモグラのように移動する奇妙なブキとなれるのだ

コメント

  1. […] 参考リンク ➡ 強化されたソイチューバーがまだ断トツに弱いと言える理由【3/11アップデ… […]