【立ち回り自己分析塾】1限目 焦りは人をダメにする 編

立ち回り自己分析塾
Advertisements
本気でウデマエを上げたい人求ム!
ガチマッチのキョウカショにスプラチームが出来ました。  ウデマエランキング、部内リーグ戦、立ち回り改善プラベなど、ためになる企画が盛り沢山!  本気でウデマエを上げたい人は絶対にチェックしておこう!
【立ち回り自己分析塾とは?】「ガチマッチのキョウカショ」の編集長が自らのプレイを分析&反省し、ウデマエを上げていこうという特訓塾。分析結果を共有することにより、同じように立ち回りに悩むプレイヤーのウデマエアップに繋がればと考えている

焦りは人の思考を奪う

みなさんは普段「焦ること」はあるだろうか。人は焦ってしまうと普段通りの思考ができなくなり、時におかしな行動を行ってしまうものだ

スプラトゥーンにおいても「焦ること」で、普段できているようなプレイングができなくなる時がある。そして今回、その焦りによって試合を落としてしまった編集長の立ち回りを分析していく。共に振り返ることで、あなたの反面教師になれることを期待しているぞ

 

Advertisements

 

教材動画

【立ち回り自己分析塾】スペシャルのご利用は計画的に 編 教材動画

試合前の情報

▲ステージとルール「バッテラストリート×ガチエリア」

▲味方の編成「①クアッドホッパーブラック ②スプラシューターコラボ ③デュアルスイーパーカスタム ④スプラチャージャー」

▲相手の編成「①プライムシューターコラボ ②クアッドホッパーブラック ③オーバーフロッシャー ④スクリュースロッシャーベッチュー」

 

Advertisements

立ち回り分析① BAD… チャクチ持ちを見落としている

残り時間4:30付近に、相手のスーパーチャクチによって倒されている場面がある。相手がスーパーチャクチを繰り出す直前に自分自身もスーパーチャクチを繰り出しており、このタイミングで相手のスペシャルが溜まっていることを確認できていれば、生き延びることができただろう

▲自身のチャクチの直後、不用意に近づいたので倒されてしまった

 

教訓 ~相手のスペシャル状況は常に把握しよう~

相手のスペシャル状況は上のイカマークで常に確認できる。スペシャルが溜まっているプレイヤーが事前にわかっていれば、相手の一枚上を行く立ち回りが実現できるだろう

 

Advertisements

 

立ち回り分析② GOOD! エリアにチャクチを使ってカウントをストップ

残り3:50付近、相手が確保しているエリアに対して橋上からスーパーチャクチを繰り出すことによりカウントをストップさせている。そのままもう片方のエリアも塗ってエリアを確保することもできた

 

教訓 ~カウントストップを最優先に~

チャクチだけではなく、イカスフィアやバブルランチャーなどエリアを一気に塗ることができるスペシャルはエリアに対して使っていくべき。とにかくカウントを止めたい場面などでは特に有効だ

 

Advertisements

 

立ち回り分析③ BAD… 焦って1人で突撃し、死亡

残り1分を切ったあたり、相手にエリアを確保されている状況でほぼ全落ちしてしまう。その際に自分だけ早めに復活していたのだが、その際に焦って相手を倒しに行ってしまった

結果的に2人の相手と戦うことになり、当然のように倒されてしまった。焦りから味方の状況を確認することを忘れ、相手にカウントリードを許してしまうこととなった

 

教訓 ~いかなる時も打開は味方と合わせよう~

ガチエリアでは味方と協力して動かないと相手に簡単にやられてしまう。焦ってカウントを止めに行こうとせず味方と合わせることで、状況を逆転させていこう

 

Advertisements

 

今回のまとめ

焦りは禁物。特にガチエリアではその言葉を胸にこれからも試合に臨んでいきたい。そして自己分析をくりかえすことで、Xランキング500位以内に入ることを目指していこうと思う

 

2限目 相手は必ず生き返る 編

この記事を書いたヒト
ヘンシュウチョウ

ウデマエを上げるために必要なことをみんなに公開しているヒト
ガチマッチの実力はウデマエX!※XP2400

Twitterのフォロー、YouTubeのチャンネル登録をよろしくお願いします!

ガチマッチに役立つ小技や質問コーナーはTwitterへ!YouTube版もあります!
立ち回り自己分析塾
ガチマッチに役立つ小技や質問コーナーはTwitterへ!YouTube版もあります!
ガチマッチのキョウカショ

コメント

  1. […] 【立ち回り自己分析塾】焦りは人をダメにする 編で得た教訓をフルに生かして戦ってみた動画。特にエリアに対してスーパーチャクチを使うことと、前に出すぎないことを意識して戦った。7戦5勝と勝率も上がり、着実に立ち回りが上達しているように感じる […]